てのり文鳥

てのり文鳥を飼っている。
「くう」♀と「たぁ」♂という。
くうは、既に8歳を超え、9歳になろうとしている、高齢である。

2年ほど前から口内炎を患い、くちばしの付け根から目のあたりまで炎症が広がっている。
そのせいか、寝てる時も多く、時々苦しそうなプチップチッと呼吸音がする。
医者が欠かせない。

炎症を痒がる様子や苦しそうな呼吸音に、わたしの胸は潰れそうになる。

「くう」ちゃんは、時々眠ったり、うずくまったり、
好きに羽ばたき、餌を食べ、遊び、甘えてくる。
1歳ちょっとの若い「たぁ」くんとの喧嘩も負けていない、むしろ強い。



「くう」ちゃんは、そのままを生きている。



私が勝手に、「くう」ちゃんを可哀そうと思い、自分の胸が潰れそうになるほど悲しんでいるのだ・・・。




ランキングに参加中です。
良かったらクリックお願いします。
  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永山 幸子

Author:永山 幸子
昭和36年青森市生まれ京都在住

中学2年のある帰り道、ふと浮かんだ問い。「私は何のために生きているのだろう?なぜ、ココに存在しているのだろう?」
今思えば、それからの人生は、この「答え」を探す道だった。

【リンク欄にプロフィールがあります】

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
連絡先:メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
FC2カウンター
RSSフィード