ただひとつの答え「神法違反」

あなたは神法違反をしている。この世界の神も仏も人も一人残らず神法違反。神法違反の世界は間もなく終わる。それまでに清算し終えなければ、この世界と共に消滅する。

Entries

許す許さない

あなたが、何かを許す又は許さないと言うとき、その何かを許すか許さないかに分けて、思考しています。善悪、苦楽、損得等を言うときも同じことをしています。
あなたが許すと言っても、許さないと言う人もいます。
許すと言ったあなたは、許すことが「正しい」と思っていて、許さないと言った人は、許さないことが「正しい」と思っています。
あらゆる対立は、「正しい」と「正しい」の対立です。

存在するすべては、宇宙の理(ことわり)により存在しています。
あなたを含む、この世界にあるものすべて、許されありて存在するのです。
許している宇宙に反して、許す許さない等と言うことも、対立し争うことも、行為者も、「この世界」では許されています。
「本来の世界」は、誰もがイメージできる天国、調和の世界です。
宇宙の理に反する存在は、一瞬たりとも存在できない世界です。
あなたが存在していられるのは、調和を乱すあなたに改心の機会を与える期限付きの「この世界」の中だからです。

あなたは、この世界で転生を繰り返し、長きに渡って生きています。
あなたに起きる不都合の原因はあなたにしかありません。今世で身に覚えがなくとも、いつかどこかで、先にあなたが取ったから取られるのです。やったから、やられるのです。
被害者も加害者もいません。あえて言うとしたら、あなたがあなたの加害者です。

自分のしたことが返って来た清算の機会であるお知らせの苦を、善悪、苦楽、損得等に分けた思考で避け、争い、苦を増やしてきたのが今のあなたです。
自分を優先する心のあなたが、本来ひとつであるものを分ける、善悪、苦楽、損得等の幻想を創りだしたのです。
あなたに起きることすべてが、あなたがしてきたことの結果です。
「自分がしたことが自分に返る」のが、唯一のルールです。
お知らせの苦を受け取り、自分の過ちを認め、直していくことが、本当の「人」の生き方です。
死んでも続く、しただけの苦労はしなくてはなりませんが、必ず、報われる苦労です。

スポンサーサイト

Menu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

永山 幸子

Author:永山 幸子
京都在住、昭和36年青森市生まれ、女性。

中学2年のある帰り道、ふと浮かんだ問い。「私は何のために生きているのだろう?なぜ、ココに存在しているのだろう?」
今思えば、それからの人生は、この「答え」を探す道だった。けれど、「答え」は、自分にあった。いつまでも、どこまでも、自分に正直に素直に。。。