スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周りは鏡

私は、長谷章宏氏の著書(通称長谷本)を読み、激しい衝撃とともに、「本物」と確信した。(詳しくはプロフィールを)

長谷章宏氏の著書は11冊ある。
読者の中には、一人の人が書いたのではないのではないかという人がいたと聞く。
いいや、間違いなく長谷章宏氏本人の著書である。
なぜそう言えるのかと問われれば、「どの本からも伝わるモノが同じだから」と、答える。

長谷章宏氏の伝えていることを、どのように評価するも扱うも、かつて私がしたように自分に都合よく好き勝手に出来るだろう。
だが、伝えていること自体が、同じように好き勝手出来ること、とはイコールではない。
どう扱うかは自分次第だが、その扱いは己の姿であり、その姿100%そのまま、この先の体験に関わること、自分からは何人たりとも逃れられないこと、をお伝えする。
私自身が、幾度も背をむけ逃れようとしたのだ・・・。


「周りは鏡」という言葉がある。
神示に触れたことのある人なら知っているだろう。
意味を、「自分がしていることを、周りがして見せている」と取り違いする人がいる。
本当の意味は、「周りすべて(人〔言動・行動等も〕、モノ、出来事等々)のいずれでも、それについての自分の反応(思う・感じる)が自分の姿である」ということである。
何かを誰かをバツ(否定)しているとすれば、そういう何かを誰かをみてバツする自分であるということ、そして、すべては自分がそう決めているのであって、その何かや誰かがバツなのではないということを理解することである。


長谷章宏氏の情報はこちら ⇒ 長谷章宏情報局




ランキングに参加中
  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
プロフィール

永山 幸子

Author:永山 幸子
昭和36年青森市生まれ京都在住

中学2年のある帰り道、ふと浮かんだ問い。「私は何のために生きているのだろう?なぜ、ココに存在しているのだろう?」
今思えば、それからの人生は、この「答え」を探す道だった。

【リンク欄にプロフィールがあります】

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
連絡先:メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。