スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人生というゲームの新しい遊び方」

この記事のタイトルは、1万部以上売り上げた、
24年前に書かれた本の題名である。

驚くのは、正に、今のことが書かれていることである。

本のカバーの折り返し部分に、次のような文言がある。
『~今まさに、歴史上かつてない激動の時代~
 この本は、そんな変革の時代に生きるあなたのために、新しい時代のモノの見方、考え方、生き方についての様々な情報を提供します。あなたが持っている様々な問題を解決するために使えるヒントが見つかるかもしれません。あなたが探していたものがすぐ近くにあることを知って愕然とするかもしれません。』


本の題名を含め書かれている文言等を、今、巷に溢れている幸せや願望達成、事業の成功を謳うメソッドを語る人々が使っている。
使っている言葉や文言が同じでも、この本とは、天と地ほどの違いがあるのだが・・・。

それぞれのメソッドは、潜在意識云々、進化云々、運命転生、人生変革、他力型・・等々の表現を使い、一見すると違って見えるが、根本が共通している。
今までのことはどうでも、今ココから楽に幸せに向かうというスタンス、
結局は特定の人たちだけが享受できるというメカニズム、
周りや人の力を利用する(つまり、コントロール合戦)等々。

しっかりと地に足をつけて考えれば、個人から世界のどのレベルでも、問題解決は、自分たちが何をどうして来たから、こうなったのかを振り返り、その原因を解消していくこととなるのだが・・・。
してきたことの後始末をせずに、幸せに成功にというのは虫が良すぎる。子供にだって、ひどい~ずるい~と言われるだろう。


「人生というゲームの新しい遊び方」は、
すべての人が成功する天国の方法として、
・今、何が起きているのか、
・自分の人生をあらゆる面から振り返り、
・この先、何か起きるか、
・新しい時代に向けての心得、
・新しい時代を生きる生き方(遊び方)、を伝えている。

地に足をつけ、真剣に自分と向き合うときである。
この本は、間違いなくその道しるべとなる。

地球規模の急激な異変を見れば、時が迫っている。
今がラストチャンスとなるだろう。


「人生というゲームの新しい遊び方」は、全文公開中 ⇒ 公開ブログ

著者である長谷章宏氏の情報は ⇒ こちら
スポンサーサイト
プロフィール

永山 幸子

Author:永山 幸子
昭和36年青森市生まれ京都在住

中学2年のある帰り道、ふと浮かんだ問い。「私は何のために生きているのだろう?なぜ、ココに存在しているのだろう?」
今思えば、それからの人生は、この「答え」を探す道だった。

【リンク欄にプロフィールがあります】

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
連絡先:メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。